Papen's Piling

自分が興味を持った事柄に関するまとめ TwitterID:Papen_GaW

MENU

Papen's Pilingにようこそ

このブログにもフォーマットを制定する必要が出てきましたので、それについて今回は書き記したいと思います。

HAL Egg初報に関して

ハル研究所は和議申請をしてから任天堂の出す据置・携帯ゲーム機でゲーム作品や開発環境を出す会社として動き続けてきましたが、今回は「スマートフォン向け新規キャラクターのゲームアプリ」でした。

【Splatoon2】近接と遠隔で分ける、サーモンランのオオモノシャケしばき

タイトルからも分かるように、これは「近接と遠隔」という2つのカテゴリで分けたオオモノシャケしばきです。ナワバリバトルやガチマッチの話は一切やりません。

カビハンZとすいこみ大作戦のスタッフはほとんど同じ

『カービィのすいこみ大作戦』。今作のスタッフリストを覗くと前作に当たる『みんなで!カービィハンターズZ』のそれと奇妙な一致点がありました。今回はそのことについて書き記していきます。

Nintendo Switch版カービィについてあれこれ予想してみる

今回は突如発表されました『星のカービィ for Nintendo Switch(仮称)』の開発体制、操作体系について予想したいと思います。開発体制の予想のためにゲームシステムにも踏み込んでいますのでご了承ください。

【翻訳】2014年のGVCによる熊崎と服部へのインタビュー記事

2014年のGVCによる熊崎と服部へのインタビュー記事の翻訳です。

カービィハンターズZのスタッフに関する考察

『みんなで!カービィハンターズZ』(以下、カビハンZ)のスタッフリストについて考察していきます。スタッフリストそのものについては既にカービィwikiにありますのでそちらをご参照下さい。

新しい対戦アクションとは何なのか妄想全開で予想する

2017年4月17日にNintendo Directが公開されました。そこで『星のカービィ』シリーズにおいて、ニンテンドー3DS向けの新しい対戦アクションが今年の冬発売予定と告知されました。これについては正直全く予想できませんでした。カービィハンターズやカービィの…

カービィオーケストラコンサートで困らないための5個のTo Doリスト

ここではオーケストラコンサートが始まる前、つまり会場に行く前にやっておくべきことを紹介します。

カービィの次回作はSwitchで出る予想の3つの根拠(4/13追記)

『カービィ』シリーズの次回作はNintendo Switchで出るという予想の根拠をあげたいと思います。根拠は出しておりますが、ファンの予想でしかないためご了承ください。

TDX、カビファZ、デデデンZスタッフルームのお話まとめ(ディレクター編)

今回はMiiverseに設置された『星のカービィ トリプルデラックス』『カービィファイターズZ』『デデデ大王のデデデでデンZ』のスタッフルームに投稿された3作のディレクター、熊崎 信也のお話のまとめです。

星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編のまとめ

今回は、3回に渡って行われた「星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編」をまとめていきたいと思います。ただし、全ての出典がarchive.orgで保存されたものとなっています。

『ハコボーイ』シリーズが生まれた訳を探る

1992年以降『星のカービィ』シリーズに注力したことが判明したハル研究所が、『ハコボーイ』シリーズを生み出した訳を今回は探っていきたいと思います。

United World社による谷村 正仁へのインタビュー記事の翻訳

今回はUnited World社のウェブサイト「The Worldfolio」に掲載された、ハル研究所代表取締役会長 兼 CEO 谷村 正仁へのインタビュー記事の翻訳です。

『さよなら!ハコボーイ!』スタッフリストとその分析

今回は『さよなら!ハコボーイ!』スタッフリストと、その分析について行います。

2017年のカービィには予算と「世界観」が立ちはだかる

2016年最後の記事は『星のカービィ』シリーズのグッズ展開の激しさは予算だけでなく、「世界観」という面にも大きく関わってくるのではないかという考察記事です。

スージーのしんりゃくレポートで登場した社員+αを調べてみた

「スージーのしんりゃくレポート」、2016年ハル研究所インターンシップのデザイナーブログ、プログラマーブログに登場した社員についての紹介、分析記事です。

『ハコボーイ!』ディレクター、向江 康博氏へのインタビュー記事の翻訳

今回はKotakuの記者、Stephen Totiloが2015年5月5日に投稿した「The Guy Behind One Of The Year’s Best 3DS Games」の翻訳です。

12/04ワンエク「キャラ分析 No.1 タランザ」

12月4日のワンエクは自由テーマを選択して「タランザ」についてやります。この記事は2016/12/04 21:52に書き始め、22:56に書き終えました。

Botwとゼノクロのリークを称する情報の保存(内容の解説・翻訳なし)

Twitterに投稿された、Botwとゼノクロのリークを保存する記事です。内容の翻訳はしていません。

11/19ワンエク「ロボボ・ホイールモードの異質さ」

これはカービィ版深夜の真剣考察60分一本勝負の記事となります。挑戦としては4ヶ月ぶりです。 今回は、というより今回も自由テーマを選択し、「ロボボ・ホイールモードの異質さ」についてやります。 この記事は2016/11/19 21:50に書き始め、22:34に書き終え…

カービィカフェ公式Twitterの投稿を収集、統合、分析してみた

10月上旬から作業していた、カービィカフェ公式Twitterの投稿の収集、統合、分析が完了しましたのであげておきます。pdfでの配布ですが、続きを読むと画像が出てきます。収集のまとめとなるデータベースも公開します。 PDF:https://1drv.ms/b/s!Apvrz4Fu5_Ma…

個人的な、コピー能力の分類

『星のカービィ』シリーズではお馴染みな要素であるにも関わらず、体系的なまとめが今まで有志に作成されていなかったのは今回の考察を見て不思議に思い、自分もやってみたいと思いました。

本当にカービィカフェは『平日の午後5時過ぎ』に行くと良いのか?

2016年10月10日、日本テレビ系列で放送されている番組『ヒルナンデス!』でカービィカフェが登場しました。割り当てられていた時間は5分程度でしたが祝日の昼間に『星のカービィ』シリーズに関する情報がお茶の間に流されるのは非常に珍しいことです。 さて…

【Mount & Blade II: Bannerlord】攻城戦についての考察

今回はGamescom 2016で登場した、『Mount & Blade Ⅱ: Bannerlord』の動画で紹介された攻城戦についての分析を行いたいと思います。

【Mount&Blade】Perisno Tweak【Warband MOD】

現在も更新を続けているPerisnoの、TweakMBでは弄れない箇所に関するメモです。対応バージョンは0.77です。現在は以下の3つを載せています。 食料消費 諸侯の敗北後の逃走率 統率力による給与削減の効果

カービィミュージアムで得られた知見と疑問(写真なし、9/23追記)

『星のカービィ ミュージアム』に行ってきました。そこで得られた知見について報告します。なお、写真は一切ありません。

阿部哲也という後見人

今回は所謂「熊崎カービィ」のスタッフリストでプロジェクトマネージメントとしてクレジットされる阿部哲也の存在がどう影響しているのかの記事です。

【サバクのネズミ団】アイテムレシピ検索表(随時更新)

注意:こちらの記事は『サバクのネズミ団!』に関する記事となっています。記事の形式は、ある一団の団長が狂言回しとなり自らの手でまとめた情報を記すというものですので、御了承下さい。 徐々に加工の手間が増えてきて、一々図鑑を参照しながらやっていく…

ネズミの生態に関する記録【サバクのネズミ団】(9/8修正)

注意:こちらの記事は『サバクのネズミ団!』に関する記事となっています。記事の形式は、ある一団の団長が狂言回しとなり自らの手でまとめた情報を記すというものですので、御了承下さい。 サバクフネを運営するのはネズミ達だ。彼らを知ることは運営を助け…

『星のカービィ 夢の青春SDX』第二弾のパワーアップ具合

『星のカービィ 夢の青春スーパーデラックス Vol.2』が2016年9月17日より始まります。vol.2では対象店舗が大幅に増えています。では、どれくらい増えたのか見ていきましょう。

【サバクのネズミ団】ある一団による、砂漠におけるサバイバルガイド【北のプラントまで】(9/8更新)

注意:こちらの記事は『サバクのネズミ団!』に関する記事となっています。記事の形式は、ある一団が狂言回しとなり自らの手でまとめた情報を記すというものですので、御了承下さい。 砂漠でのスクラップ解体を随分行ってきた。サバクフネでの生活にも慣れ、…

人物としての熊崎信也

今回の記事は、熊崎信也がどういう人物なのか調べたものとなります。既に熊崎信也に関する記事は当ブログに存在しますが、そちらは彼がどのような作風を持っているのか、何の作品で関わりを持ったのかについての分析です。つまり、彼の人物像に関する言及が…

桜井政博が描くゲームシナリオ(8/25更新)

今回は『星のカービィ』シリーズ、『大乱闘スマッシュブラザーズX』、『新・光神話 パルテナの鏡』で桜井政博のゲームシナリオがどうなっていったかを分析していきたいと思います。

カービィカフェ東京のメニューについて

8月19日、カービィカフェ東京で出されるメニューが確定しました。ここではメニューに関する予想ではなく、大阪で出たメニューとの相違点・共通点を比較し、東京で出されるメニューがどういうものなのか分析したいと思います。

カービィカフェで出されるメニューは東京と大阪で違う(8/19追記)

カービィカフェで出されるメニューは東京と大阪で違う、何故そう思ったのか今回はそれについて書いていきたいと思います。

会社分析:ハル研究所(8/19更新)

『カービィシリーズ』の開発で有名なハル研究所。今回はこの会社について分析していきたいと思います。

『星のカービィ』シリーズの情報を発信する公式サイト一覧(随時更新)

『星のカービィ』シリーズが関係するイベント等の情報をただひたすらまとめていく記事です。今のところ開催しているものと、開催予定のものを載せていく予定です。

熊崎の言う"より少ない開発期間とスタッフ"は何を意味するか

今回は"より少ない開発期間とスタッフ"が何を意味するのか、調べていきたいと思います。

「グッズカービィ」という新たなカービィ(10/22 追記)

今回はもう1つのカービィ、「グッズカービィ」について話していきたいと思います。

『シン・ゴジラ』、それを観た自分の感想

『シン・ゴジラ』を観た感想を適当に書きます。作品の特性上、ネタバレしかありません。

『地球防衛軍4.1』で通信で言及されるEDF陸戦部隊

『EDF4.1』で出てくる味方部隊のレンジャーチーム、ウイングダイバーチーム、フェンサーチーム、スカウトチーム、ペイルチーム、オメガチームについて今回は紹介します。

HAL研ブログ・ダイアリー等に投稿された注目すべき記事

HAL研公式ホームページに投稿された記事の中から、自分が他の方にもオススメできそうだと思ったものをピックアップして紹介します。

7/23ワンエク「戦艦ハルバードが与えた影響」

今回は自由テーマを選択し、「戦艦ハルバードが与えた影響」についてやります。尚、今回は準備不足のため、画像が一枚もありません。

『カタチ新発見! 立体ピクロス2』のスタッフリスト

任天堂が2015年10月1日に発売した『カタチ新発見! 立体ピクロス2』のスタッフリストをまとめました。

7/16ワンエク「熊崎カービィにおけるカービィの冷酷さはどこから来たか?」

今回は自由テーマを選択し、「熊崎カービィにおけるカービィの"冷酷さ"はどこから来たか?」についてやります。

HAL研の関わる作品のスタッフリストで登場する役職について(2008~、8/25更新)

作品には大抵スタッフリストが付けられ、そこには役職とそれに就いた人の氏名があります。ですが役職はその会社や時期によって大きく異なります。今回はその説明をするための記事となります。

桜井政博のゲーム作りのスタイルinカービィシリーズ(11/30更新)

『星のカービィシリーズ』、『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』など数多くの作品の産みの親である、桜井政博のカービィシリーズにおけるゲーム作りの手法について今回はまとめました。

配布物:HAL研が関わった作品のスタッフリストまとめ(Version:2.0)

今までにHAL研が関わった作品のスタッフリストまとめを公開します。 詳しい説明についてはリンク先の『基本的事項の説明』というシートをご覧下さい。 現時点では、『大人の常識力トレーニングDS』、『USDX』、『あつカビ』、『Wii』、『スペコレ』、『TDX』…

『ハコボーイ!』、『ハコボーイ! もうひとハコ』のスタッフリストとその分析

任天堂が2015年1月25日に発売した『ハコボーイ!』と2016年1月6日に発売したその続編、『ハコボーイ!もうひとハコ』のスタッフリストをまとめました。最後にちょっとした分析もありますがおまけです。