Papen's Piling

自分が興味を持った事柄に関するまとめ TwitterID:Papen_GaW

MENU

Papen's Pilingにようこそ

このブログにもフォーマットを制定する必要が出てきましたので、それについて今回は書き記したいと思います。

「オクトパスエキスパンション」を作ったのは誰か?(18/06/29修正)

今回は2018年06月14日に発売されたDLC、『オクトパスエキスパンション』のスタッフリストを見ていきます。

ハル研社員が登場した記事リスト(随時更新?)

これはハル研究所社員がインタビューに応じた記事の一覧表です。もしかしたら更新するかも知れません。

ブレワイとスプラ2にモノリスソフトはどれくらい関わっているのか

今回もやはりモノリスソフト関連ですが、『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』『スプラトゥーン2』から

ゼノブレイド三作から見るモノリスソフトの開発体制

今回は『ゼノブレ』『ゼノクロ』『ゼノブレ2』のスタッフリストを比較してモノリスソフトの開発体制がどうなっているか見ていきたいと思います。ただし音楽関係については除外しています。

【26周年記念】1992年から2006年のハル研究所を見る

今回は1992年から2006年のハル研究所全体の開発体制についてトピックごとに見ていきます。

スターアライズをもってカービィは表舞台に戻った

今回は、所謂星のカービィ GCの映像発表から『星のカービィ スターアライズ』発売の14年間にハル研で何が起こっていたのかを考察していきます。

『星のカービィ スターアライズ』スタッフリスト考察

2018年03月16日、王道カービィの『星のカービィ スターアライズ』(以下、スタアラ)が発売されました。当ブログではスタッフリスト収集とその考察を主に行っており、今回もその結果を記事にしたいと思います。

ハル研究所の○世代

『CONTINUE Vol.51』における記事を読んで会社を世代に分けて論じるのは非常に面白いと感じ、こちらでもハル研究所が年を通じてどのように変わっていったかを表してみたいと思いました。

スタッフ便覧:熊崎信也2018年版

ハル研究所社員で今最も話題の人の熊崎信也に関する記事はいくつか出してきましたが、記事が非常に読みづらかったので一から制作し直しました。 以前のスタイルとは異なり、対象スタッフがどのようなことをしてきたかを作品別で振り返り、その情報にすぐ辿り…

スカイリムの種族別人口統計

TES

今回は『The Elder Scrolls Ⅴ:Skyrim』のNPC、特にスカイリム全体である種族はどれくらいいるのか、割合はどの程度なのかを調べていきます。

UESP Lore:タイバー・セプティム[2018/02/17]

タロス信仰の元であるタイバー・セプティムの記事です。非常に有名な人物ですが非常に謎が多い方です。

ハル研の2018年は「仕込みの年」

2017年より、ハル研究所は謹賀新年として今年をどういう年にしていくのか、三津原敏現社長のスピーチを通して発信しています。 www.hallab.co.jp そこで三津原氏はこう述べています。 「今年はひとりひとりが例年にない脳みその使い方をして新しいことをどん…

ゼノブレイド2で優秀なアクセサリー10選

本記事では『ゼノブレイド2』の最初に解説されるアクセサリーの中で優秀な10個を紹介します。入手法は自分で調べて下さい。

『カービィ バトルデラックス!』スタッフリスト考察

2017年11月30日に「カービィ バトルデラックス」が発売されました。いつも通り勿論スタッフリストを回収し、考察しました。

【魚拓】カビファZ以降のスタッフルームのお話まとめ(その他社員編)

今回はMiiverseに設置された『カービィファイターズZ』『デデデ大王のデデデでデンZ』以降のスタッフルームに存在する、熊崎信也以外のハル研究所のスタッフによるお話のまとめです。

【魚拓】TDXスタッフルームのお話まとめ(その他社員編)

今回はMiiverseに設置された『星のカービィ トリプルデラックス』のスタッフルームに投稿された熊崎信也以外のハル研究所のスタッフによるお話のまとめです。

敵キャラグランプリと登場ゲーム作品数に関係はあるのか?

敵キャラグランプリの投票結果を見て「敵キャラグランプリの票数と、キャラクターの登場ゲーム作品数に相関関係はあるのだろうか?」と思い、各参戦キャラクターの敵キャラグランプリにおける票数と、それぞれの登場ゲーム作品数でクロスさせた散布図を作る…

【魚拓】星のカービィ ロボボプラネット イラスト&スクリーンショットコンテストのまとめ

今回は、2016年9月30日から12月16日の間に行われた、星のカービィ ロボボプラネット イラスト&スクリーンショットコンテストの魚拓となります。

HAL Egg初報に関して

ハル研究所は和議申請をしてから任天堂の出す据置・携帯ゲーム機でゲーム作品や開発環境を出す会社として動き続けてきましたが、今回は「スマートフォン向け新規キャラクターのゲームアプリ」でした。

【Splatoon2】近接と遠隔で分ける、サーモンランのオオモノシャケしばき

タイトルからも分かるように、これは「近接と遠隔」という2つのカテゴリで分けたオオモノシャケしばきです。ナワバリバトルやガチマッチの話は一切やりません。

カビハンZとすいこみ大作戦のスタッフはほとんど同じ

『カービィのすいこみ大作戦』。今作のスタッフリストを覗くと前作に当たる『みんなで!カービィハンターズZ』のそれと奇妙な一致点がありました。今回はそのことについて書き記していきます。

【翻訳】2014年のGVCによる熊崎と服部へのインタビュー記事

2014年のGVCによる熊崎と服部へのインタビュー記事の翻訳です。

カービィハンターズZのスタッフに関する考察

『みんなで!カービィハンターズZ』(以下、カビハンZ)のスタッフリストについて考察していきます。スタッフリストそのものについては既にカービィwikiにありますのでそちらをご参照下さい。

新しい対戦アクションとは何なのか妄想全開で予想する

2017年4月17日にNintendo Directが公開されました。そこで『星のカービィ』シリーズにおいて、ニンテンドー3DS向けの新しい対戦アクションが今年の冬発売予定と告知されました。これについては正直全く予想できませんでした。カービィハンターズやカービィの…

カービィオーケストラコンサートで困らないための5個のTo Doリスト

ここではオーケストラコンサートが始まる前、つまり会場に行く前にやっておくべきことを紹介します。

カービィの次回作はSwitchで出る予想の3つの根拠(4/13追記)

『カービィ』シリーズの次回作はNintendo Switchで出るという予想の根拠をあげたいと思います。根拠は出しておりますが、ファンの予想でしかないためご了承ください。

TDX、カビファZ、デデデンZスタッフルームのお話まとめ(ディレクター編、11/05更新)

今回はMiiverseに設置された『星のカービィ トリプルデラックス』『カービィファイターズZ』『デデデ大王のデデデでデンZ』のスタッフルームに投稿された3作のディレクター、熊崎 信也のお話のまとめです。

【魚拓】星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編のまとめ

今回は、3回に渡って行われた「星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編」をまとめていきたいと思います。ただし、全ての出典がarchive.orgで保存されたものとなっています。

『ハコボーイ』シリーズが生まれた訳を探る

1992年以降『星のカービィ』シリーズに注力したことが判明したハル研究所が、『ハコボーイ』シリーズを生み出した訳を今回は探っていきたいと思います。