読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Papen's Piling

自分が興味を持った事柄に関するまとめ TwitterID:Papen_GaW

MENU

TDX、カビファZ、デデデンZスタッフルームのお話まとめ(ディレクター編)

熊崎信也 カービィ

f:id:dougin-1809:20170301044311p:plain

 今回はMiiverseに設置された『星のカービィ トリプルデラックス』『カービィファイターズZ』『デデデ大王のデデデでデンZ』のスタッフルームに投稿された3作のディレクター、熊崎 信也のお話のまとめです。それ以外のスタッフ、例えばリードサウンドやリードレベルデザインのお話は別記事にまとめます。今回も全ての出典のリンク先がarchive.orgで保存されたものとなっています。

続きを読む

星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編のまとめ

カービィ ハル研究所 熊崎信也

f:id:dougin-1809:20170228041241p:plain

 Nintendo SwitchにはMiiverseが対応していないということは既に周知されていると思います。そうなると、今後のMiiverseのサービス継続の見通しは不透明なものになると言えます。もしサービス終了となれば、Miiverseにあるスタッフルームも例外なく消滅する可能性も考えられます。そのため今回は、3回に渡って行われた「星のカービィ ロボボプラネット大質問会!回答編」をまとめていきたいと思います。ただし、全ての出典がarchive.orgで保存されたものとなっています。消滅した場合にリンクを保持できるように。*1

*1:ここに限らず、このブログで出典に利用しているwebページは基本的に保存されていますが。

続きを読む

『ハコボーイ』シリーズが生まれた訳を探る

カービィ ハル研究所

f:id:dougin-1809:20170220171112p:plain

 United World社のハル研究所代表取締役会長 兼 CEO 谷村 正仁氏へのインタビュー記事において、1992年以降『星のカービィ』シリーズに注力したことが判明したハル研究所が、『ハコボーイ』シリーズを生み出した訳を今回は探っていきたいと思います。

 インタビュー記事についてはこちらをご覧下さい。

dougin-1809.hatenablog.jp

続きを読む

United World社による谷村 正仁へのインタビュー記事の翻訳

ハル研究所 カービィ

 今回はUnited World社のウェブサイト「The Worldfolio」に掲載された、ハル研究所代表取締役会長 兼 CEO 谷村 正仁へのインタビュー記事「HAL Laboratory bets on unique attention to details and customers’ happiness to be at the forefront of the dynamic gaming industry」の翻訳です。会長へのインタビューですので話題が多岐に渡ります。いつも通り、翻訳はだいぶいい加減です。

続きを読む

スージーのしんりゃくレポートで登場した社員+αを調べてみた

カービィ ハル研究所 人物分析

  今回は「スージーのしんりゃくレポート」、2016年ハル研究所インターンシップのデザイナーブログ、プログラマーブログに登場した社員についての紹介、分析記事です。なお、果たした役割は『星のカービィWii』、『星のカービィ トリプルデラックス』、『タッチ!カービィ スーパーレインボー』まで遡ることもありますが、分析や評価については『星のカービィ ロボボプラネット』に限られます。

続きを読む